自宅でムダ毛の処理をしている女性はたくさんいます。こまめにムダ毛を処理するのは面倒ですが、やはりエチケットとして仕方なく処理しているのが現状のようです。

最近では脱毛サロンやクリニックで本格的に脱毛をする女性が増えていますが、それでも依然としてムダ毛を自己処理している女性は数多くいます。

自己処理方法はいくつかあります。例えば、カミソリを使用したり、毛抜きを使用したり、電気シェーバーを使用するなど・・・。

そこでこのページではムダ毛の自己処理方法に関して詳しく見ていくことにしましょう。

脱毛する女性

自己処理方法の種類

主なムダ毛の自己処理方法は下記のとおりです。

1)カミソリ
自己処理方法の中でも一番手軽で利用している方々も多いです。近隣のドラッグストアやスーパーマーケットなどでリーズナブルな価格で購入できる点や簡単にムダ毛を剃ることができるというメリットがある反面、カミソリの刃で肌を痛めつけてしまう恐れが多いという特徴があります。

2)毛抜き
ピンセットなどで毛を一本ずつ抜いていく方法です。毛根ごと引き抜いた毛はしばらく生えてこないというメリットがあります。

一方で毛を抜くときに痛みを感じる点や毛穴へのダメージが大きいというデメリットも存在します。

3)電気シェーバー
カミソリや毛抜きなどと比較して肌へのダメージが少ないというメリットがあります。

その反面、深ぞりができないので、頻繁にお手入れをしなければいけなくなります。

4)ワックス・脱毛テープ
ワックスや脱毛テープを使用することで広範囲を一度に抜くことができます。

その一方で強引に毛を引き抜く行為になるため、毛穴や皮膚に大きなダメージを負ってしまいます。

5)除毛剤
薬品を使用して毛を溶かすことでムダ毛を処理することができます。キレイにムダ毛を処理することができるメリットがある一方で、薬品による肌への影響も大きいです。

頻繁に使用したり、肌が弱い方が使用した際には肌に異常が起こる恐れがあります。

6)家庭用脱毛器
本格的な脱毛を自宅で実施できるのが大きな特徴です。

他の自己処理方法と比較して脱毛効果が高い反面、脱毛器が高額になっていて経済的な負担が大きいです。

自己処理のトラブル

ムダ毛の自己処理を実施する際に起こるトラブルに関して見ていきましょう。

1)埋没毛
自己処理のトラブルの中でも多い症状が埋没毛です。埋没毛とは毛が皮膚の外に出てこずに皮膚の内側に埋もれてしまうトラブルです。毛抜きで抜く方法で自己処理をしている場合に起こりやすいです。

身体には悪影響を及ぼすことはないですが、皮膚の中に透けて見える毛は外見上あまり好ましくはありません。

2)毛のう炎
毛のう炎は、毛穴の内部に細菌が侵入することで起こる炎症のことです。カミソリや毛抜きなどで毛穴にキズを付けてしまった場合に起こりやすいトラブルです。

ニキビのように膿が出てきたり、治っても跡が残ってしまう恐れもあります。

3)出血
自己処理をした際に皮膚を傷付けてしまった場合に出血するケースがあります。カミソリを使用する際に出血することが多いです。また、電気シェーバーなどの刃が直接肌に当たった場合などにも出血します。

4)火傷
家庭用脱毛器を使用している際に熱が肌に浸透して火傷を引き起こすことがあります。正しい方法で使用すれば火傷をすることはありません。しかし、家庭用脱毛の使用に慣れてきた頃にもっと効果を実感したくて必要以上の温度や出力で設定して熱さを我慢しながら使用することで火傷を引き起こすケースが多いです。

5)黒いボツボツ
自己処理の後に黒いボツボツが残ってしまうことがあります。遠くからは分からないですが、接近した時に黒いボツボツが気になってしまいます。

毛穴の色素沈着や埋没毛、毛穴の黒ずみなどによって黒いボツボツができてしまいます。

特にカミソリで深剃りをしたり、毛抜きをした場合などに起こりやすいです。

まとめ

このように、自己処理方法は数多く存在して、それぞれにメリット・デメリットが存在します。

あなたの使用目的に応じて最適な方法を見つけ出して下さい。

金銭的に余裕があるのであれば、脱毛サロンやクリニックで施術を受けるのも一つの方法です。

また、自己処理によるトラブルも多いので、正しい方法で実施するように気を付けましょう。