自宅で手軽にムダ毛のお手入れができるアイテムとして、家庭用脱毛器は人気を集めています。

また、エステサロンやクリニックで施術を受けるよりも安く済むという理由で家庭用脱毛器を購入する女性は数多くいます。

もちろん非常に便利な商品なのですが、その一方で肌トラブルに見舞われるケースもあります。

消費者センターにも家庭用脱毛器を使用した方から、「肌が腫れた」とか「かぶれてしまった」などの相談が数多く寄せられています。

肌トラブル

火傷

家庭用脱毛器の使用する中で特に多い肌トラブルが火傷です。

レーザー式やフラッシュ式の場合は、照射した光やレーザーが毛の色素に反応して組織を破壊することで脱毛を促します。

照射する際には熱を発生して直接毛にダメージを与えるため、使い方を間違ってしまうと肌に火傷を負ってしまうこともあります。

エステサロンやクリニックでも同じ方法で施術が行われ、家庭用脱毛器よりも高いパワーで照射しますが、施術を担当するのはしっかりとスキルや知識を習得したスタッフが対応してくれます。

そのため、火傷や赤みなどの肌トラブルになる可能性は低くなります。

自宅で家庭用脱毛器を使用する場合は説明書に記載されている使用方法を厳守することが何よりも大切です。

また、ホクロやアザ、キズ、タトゥーなどがある箇所に使用すると、その部分にも反応してしまうので、ホクロやアザなどがある箇所には事前にキズテープなどで覆い隠してから脱毛するようにしてください。

毛穴の炎症

毛穴の炎症はレーザー式やフラッシュ式、サーミコン式の家庭用脱毛器では起こりにくいですが、ムダ毛を引き抜くタイプの脱毛器を使用する場合は十分に注意をして下さい。

ムダ毛を引き抜くタイプの家庭用脱毛器としてはソイエなどが代表的です。ソイエの場合はお風呂で泡を馴染ませて使用するため、炎症になりにくい工夫がされています。

万が一、毛穴付近に炎症が起きた場合は一旦使用を中断して症状を回復することが先決です。

例えば、炎症を起こした周辺部分を清潔に保ったり、保湿ケアなどを行うようにしましょう。

炎症が回復して正常な肌の状態に戻ってから脱毛器を使用して下さい。

色素沈着

家庭脱毛器の使用後に皮膚の乾燥によって痒みが出ることがあります。痒みに我慢できずに引っ掻いてしまうと、その後に炎症して色素沈着を起こす恐れがあります。

色素沈着を起こさないようにするためには痒みがあっても掻かずに保湿ケアを施して痒みを抑えるようにしましょう。

まとめ

家庭用脱毛器は自宅で手軽にお手入れができる便利なものですが、その一方で上述しているような肌トラブルが起こるケースも少なからず存在します。

このような肌トラブルに見舞われないためには、まずは照射レベルを小さくして使用し始めるようにしてください。

痛みや腫れ等の症状が起こらないことを確認してから、徐々に照射レベルを上げていきましょう。

また、使用する前には脱毛する箇所を十分に冷やすことも効果的です。

実際にエステサロンやクリニックでも施術前に脱毛する箇所を冷やしてから施術を行うところもたくさんあります。

さらに使用後においても使用前と同様に脱毛した箇所を冷やすことをお薦めします。そして冷やした後に保湿クリームなどでアフターケアをするとより効果的です。

使用する保湿クリームはいつも使っているものでも問題はありません。

あなたが肌トラブルに見舞われないように家庭用脱毛器を使用する場合は、説明書に記載されている内容をしっかりと読んで、正しい方法で使用するようにしてください。

万が一、火傷や炎症などの肌トラブルの症状が起こった場合は、速やかに近くの皮膚科で診察を受けるようにしましょう。